資産運用で元本保証を利用するときの注意点|金利だけをみないこと

期間と途中解約の検討

男性

金利と合わせて確認すべき

元本保証の商品を利用して資産運用を行うときには金利を最も重視するのが一般的な考え方です。基本的にはローリスクローリターンの商品なのが元本保証のあるものの特徴であり、定期預金や国債などの限られた商品しかありません。ただ、同じ商品であっても金融機関ごとに金利などの設定が異なり、同じ債券であってもいくつかのオプションから選べることもよくあります。資産運用をする目的は資産を増やすことなので金利を見ることが多くなりますが、金利だけにとらわれずに商品を選ぶと失敗がありません。同時に考慮した方が良いのが期間と途中解約についての規定です。元本保証のある資産運用方法の大半は長期的な投資になります。その期間はお金を預けたままにしておくことにより、満期になったら元本が返ってくるという仕組みが一般的です。そのため、どれだけの期間はその資金を運用していて問題ないのかを考えて選ぶ必要があります。期間ごとに金利が変動する商品も多いので注意しましょう。また、途中解約の際にどのような形で金利が支払われるかについても懸念しておくべきことです。途中解約を行うと元本のみが返ってくるというものもあれば、日割で金利を支払ってもらえるものもあります。一定期間までは元本のみで、その期間を過ぎていれば金利も支払ってくれるという形のものも少なくありません。この内容によって元本保証の商品を選んで資産運用をするときに、どれだけの資金を使えるかが変わるでしょう。

チャート

海外のfxを比べる注意点

海外fx業者は日本の顧客を獲得するため色々なサービスをしています。これから海外fxをする人は、各業者を比較する必要があります。最も大切なのは安全性です。キプロス証券委員会のライセンスがあれば安心です。次にキャッシュバックサービスです。入金ごとにボーナスが出る業者があります。出金手数料も比較します。

ウーマン

株を買うなら安心企業で

投資を考えていてもどこの株が安定していて購入に適しているのかはなかなか判断しにくいところでしょう。ドンキであれば経営が安定しており、今後も生活に必要とされる分野の企業であることからおすすめです。購入に関しては証券会社に口座開設する必要があります。

オペレーター

証拠金を使った取引

海外FXでは、口座に証拠金を入れて、それを使って外国通貨を売買することになります。ハイリスクハイリターンの取引ですが、ゼロカットサービスがあるため、損失が証拠金を上回らないようになっています。つまり証拠金を失うだけで済むということですし、それでいて利益が出た場合には、カットされることはないのです。